不動産登記(1)

 相続の登記で、被相続人様が海外で生まれいても、日本人であれば、日本の戸籍に
記載されますので、戸籍の収集は、日本で生まれた場合と変わりません。
 亡くなられた方の不動産に抵当権がついている場合、亡くなられた後に抵当権が
消滅している場合は、相続の登記をした後でなければ、抹消できません。亡くなら
れる前の場合でも、実務的には、相続の登記をしてから抹消します。
 耐震基準適合証明書については、不動産業者が仲介していない時は、説明してお
いた方が良いと思います。(減税に使えます。)
 今日は、本店移転、目的変更、取締役、代表取締役の就任、代表取締役の辞任の
登記を電子申請しました。後は、必要書面を持って行くだけです。
 少しでも、お客様のお役に立てるよう頑張りたいと思います。
福岡市南区大橋 司法書士 高垣富雄