定款認証制度の変更(商業登記)

 平成30年11月30日から、定款認証の方式が変わっています。今までは、株式会社などの法人の設立では、定款の原案を作成して、定款認証の前に公証役場で、事前に内容に問題がないかを確認してもらっていましたが、この確認の時に、「実質的支配者の申告書」及び「その方の身分証(印鑑証明書か運転免許証のどちらかで、コピーも可)」を提出しないといけないことになりました。詳しくお知りになりたい方は、日本公証人連合会の出している「新たな定款認証制度について」を見てください。また、実質的支配者の申告書は「日本公証人連合会のホームページ」からダウンロードできます。下記のリンクをご利用ください。
「新たな定款認証制度について」
「日本公証人連合会のホームページ」

会社設立、一般社団法人、一般財団法人の設立は福岡市南区の高垣司法書士事務所にお任せください。
TEL 092(516)7151
携帯 080(3908)6673